カテゴリー
ライフハック

レタスを1ヶ月以上サクサクにしておく奥義

Food blogger shares simple hack for keeping lettuce crisp for over a month

How to keep lettuce fresh for a MONTH: Food blogger shares viral hack to ensure leaves stay fresh and crispy by submerging them in water before storing in the fridge

フードブロガーがレタスを1ヶ月以上クリスピー(サクサク)にするフードハックを披露しているとのこと。

TikTokに上がってて有名になったみたいです。
現物は見れませんが、フロリダの Lama さんの発表で、インスタグラムはこちらです。 @TasteGreatFoodie

ホームページはこちらです。

    方法1

芯を取り葉っぱにバラしてお酢を少し入れた水につけ洗う。
水に沈ませてボウルに入れる。
これで2週間くらい持つそうです。ただし1−3日で水を変えるのが望ましい。
水を変えないで試してみたところ10日くらい持つそうです。

    方法2

芯を水に浸して保存。
食べたい分だけ葉っぱをむいていく。

だそうです。

レタスは金属の包丁で切ると鉄分で赤くなってきますよね。
これはふせぐには手でむしるくらいだったのですが、そういえば今はセラミックナイフがあるのでたぶんレタスと相性がいいですね。
安いものしか使ったことないですがなんかのひょうしに折ってしまいました。
硬いものには向かないのかもしれません。
瀬戸物なので落下に弱いかも。
その代わり金属と反応する食品には有効でしょうね。
錆びるような塩分のあるものにもいいかもしれません。

セラミック包丁は京セラが出してますね。

こういうのハックはむかしはおばあちゃんの知恵袋とかいってました。
きっとお婆さんに聞くと教えてくれると思います。
お母さんでもいいですけど。
本にもたくさんあるはずです。
ネットの情報だけでなく本でハックを探すといいかもしれませんよ。
文章が多い渋い料理の本はそういう情報が詰まってます。
写真が多い今どきの本はきれいだけど情報が少ないです。

海外のレシピなんかを探してみるのもいいと思います。

それでは、

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。