カテゴリー
節約

節約できるクレジットカードについて

節約できるクレジットカードについて

答えは。。。

そんなものはない!

クレジットカードはたくさん消費してください、というものです。
だから節約できるわけがありません。
キャッシュレスとは金銭を消費する意志を麻痺させるものです。
そんなものは注意深い人でないと損をします。

クレカで還元するなら元から安くしてくれ。
そのカード運営のオンライン店舗の商品、なんか高くないですか。
ポイントをうまく活用しようとして時間を浪費して疲れる。

ここで基本の答えが簡単に見つかります。
なるべく消費しないことが節約なのです。
たしかユダヤ人の教えにも消費しない、そういうことがあるみたいですよ。
つまり無駄に買わない。
キャンペーンに煽られない。

たくさんポイントがついても買わないほうが得なんです。
公共料金や税金などはついてもいいかもしれませんね。
でも、使うときに迷うようでしたらポイントを捨てたほうがいいです。
ポイント消費は送料無料の食品や日用品を即断で買う。
なるべく安いお得なものと考えない。

なかなかできません、
ポイントカードやカードを持たなくなると結構スッキリしますよ。
そして、現金で変えるお店やポイントに縛られないで買い物をすればいいのです。
そこまでできないとしても、この3つは考えるべきです。

  1. ポイントで考える時間の無駄
  2. ポイントで余分に買い物をする無駄
  3. 選択の自由意志を奪う無駄

最期に示した選択の自由意志を奪う無駄、についてですが、現金でも美味しい飲食店があるかもしれません。
たとえば、近所に小さなパン屋さんがあっておいしくても、ポイントのためにコンビニに行ってしまうでしょう。
コーヒーも自家焙煎のいい豆があってもコンビニ。
(コーヒー専門のお店で100円出せば喫茶店並の美味しいドリップパックが買えます)
こんな感じで自由を奪われてしまうということです。
もしかすると、お昼時にコンビニに並ぶより現金で零細店舗で買うほうが有意義かもしれません。
このメリットをポイントやカード決済依存のために失うのはあなたにとってどうですか?

また、お店にとっては手数料が高くキャッシュレスは嫌なものです。
大手企業直営でない限りそうです。
というわけでカード依存は程々にしましょう。
還元を無視し、消費をしないのがカード節約のポイントです。

と、考えると永久不滅ポイントなんかもおすすめなんですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。